全館空調と建物性能 |ブログ| 業務用エアコン・床暖房・エコキュート工事のサニーシステム [あきる野]

有限会社サニーシステム|業務用エアコン工事 / 床暖房 / エコキュート工事

ご相談・お問い合わせ

042-559-5472

MENU

ホーム > ブログ > 全館空調と建物性能

快適空間応援ブログサニーシステムの快適空間応援ブログ

全館空調と建物性能

2018.11.14

冬の寒い日や夏の暑い日にエアコンの効いたお部屋からリビングやトイレ、浴室などに移動するとき、寒いとか暑いと感じたことはありませんか?

全館空調なら、家中どこでも一年を通して同じ温度に保つことができるので、こんなお悩みが解消できます。

今回は家中いつでも快適な全館空調の特徴をご紹介します。

全館空調は家中温度ムラが少なく快適

全館空調は家中温度ムラが少なく快適

全館空調システムは断熱気密性能の高い建物の全体を暖める(冷やす)システムです。

居室と廊下や洗面所、浴室、トイレ等との温度ムラが少なくなるので、どこにいても温度差の少ない快適な空間になります。例えば急激な温度差によって体に悪影響を及ぼすヒートショックなどのリスクも少なくなります。

また、全館空調から送風された暖かい(冷たい)空気の吹き出し口は、不快な風が直接身体に当たらないように設置数や設置場所を調整できるので、居心地の良い生活空間にすることができます。

また24時間換気システムの高性能フィルターや空気清浄機、集塵機と組み合わせることで、家中の空気をキレイに保つので花粉やPM2.5などアレルギーの原因をお部屋に入れにくいというメリットがあります。

全館空調ゆえのデメリットも

全館空調ゆえのデメリットも

全館空調システムのメリットを最初にご紹介しましたが、設備としてちょっと不得意な面もあります。

各部屋の温度差を大きくすることは苦手です。
例えば「書斎は冷房」、「キッチンは暖房」にするという別々の空調として使うことはできません。コスト面では、導入・交換、ランニングコストの面では、個別のエアコンに比べ、家中の空調を扱うので高くなります

また、全館空調がゆえに、冬場に乾燥しやすくなるという点もあります。
結露の予防という意味ではとても効果的ですし、サニタリーや洗濯物を部屋干しするときは好都合ですが、寝ているときはノドが乾いたり、肌の乾燥が気になるかもしれません。

全館空調は空気清浄機などと同様、加湿器を組み込むことが可能ですが、乾燥していた方が都合の良い部屋も同じ湿度になってしまうことや給水・排水の配管をつなぐ必要があり、夏の使用しない時期は死に水対策で配管内の水を抜いたり、エレメントと呼ばれる部品のカルキを除去したりとメンテナンスに手間がかかることから当社ではあまりオススメしていません。

そのため、居室には加湿器が必要不可欠になります。

全館空調は建物性能が重要

全館空調は建物性能が重要

全館空調システムは温度差の少ない身体に優しい住環境を実現できることが最大のメリットです。

夏にトイレで汗だくになることもなく、冬にお風呂に入るのに慌てて着替えることもなくなります。全館空調のメリットを十分に享受し、なるべくリーズナブルに使い続けるためには、建物の性能が重要になります。

屋根や壁、床(基礎)などの断熱・気密性能が高ければ温度を一定に保ちやすく、電気代を抑えることができますが窓の性能や日照条件によっても大きく差が出ることもあります。

全館空調の導入を検討されるにあたっては、事前に建物の断熱・機密性能をしっかりチェックしておくことが大切です。

快適な空気環境のご相談はサニーシステムへ!

全館空調システムは基本的に24時間つけたままにする空調設備です。
気持ちよく使っていただくためにも、導入する設備のランニングコストを明らかにすることや床や窓の断熱をご提案、熱源や契約をお客さまと一緒に考え、皆さまが快適に過ごせるよう、サニーシステムのスタッフ一同、サポートをさせていただきます。

また、すでに設置されている全館空調システムのアフターケアも喜んでお請けいたします。全館空調システム導入や故障などでお悩みがございましたら、是非お気軽にサニーシステムまでご相談ください。

各種施工のご用命は、お気軽にお問い合わせください

どんな規模の工事でも、ご相談を承っております。

  • アフターフォローも万全。工事のご相談
  • 現地調査+お見積もり無料!無料見積もり
  • 各種ご相談承ります!お問い合わせ
  • お電話でも承ります!電話相談

0425595472

PAGE TOP